笑顔の赤ちゃんとお母さん

保育理念 / Policy

子どもの無限の可能性を引き出し
笑顔いっぱいの保育をするとともに
子育てをサポートし、家族の幸せに貢献する

行動指針

1.真実の言動

人に見られている時にできない言葉や行動、保育は見られていないときにも決してしません。

2.謙虚の心

自分自身が本当に足りないと思ってフィードバックを受け入れ、学び向上し続けます。

3.挑戦

常に現状維持を疑い、失敗を恐れず、より良いものを求めてチャレンジし続けます。

職員紹介はこちらです。

保育園の特長

3つの特長をご紹介します。

01.0~2歳に特化した保育園です。

通常保育園は0~5歳児クラスの6学年に分かれていますが、0歳児クラスと5歳児クラスでは保育内容が大きく変わります。

そのなかで園全体がまとまりのある運営するためには、6学年分の会議や研修が必要であり業務が煩雑になりがちです。

当園は0~2歳児に特化した園であり、各学年の保育に注力しやすい仕組みとなっています。
この仕組みを活かし、安全面やお子さま一人ひとりの成長に合わせた保育の質向上につなげていきます。

akatyan

02.少人数ならではの手厚い保育体制

1人ひとりにしっかりと目が行き届くよう、定員12名の少人数保育を採用しています。
小規模であることを活かし、アットホームな環境でお子様の成長を支えます。

スタッフは、お子さま12人に対して園長1名、保育士4名・調理師1名・子育て支援員1名・看護師1名・事務員1名の9名が勤務しています。
認可保育園の最低配置基準より厳しい基準を採用しています。

保育体制(2019年度ゆいぴよ園実績)

認可園最低配置基準
保育士1人につき
当園保育士1人につき
0歳児 子ども3人 子ども2人
1歳児 子ども6人 子ども3or4人
2歳児 子ども6人 子ども3or4人

上記の人数に保育補助1名を追加し、全体をサポートしています。

 

大規模な集団保育では難しい、ひとりひとりの発達状況や個性に合わせたきめ細やかな保育を行なっています。

03.学びを広げる、育てるカリキュラム

お子さま一人ひとりの発達段階に応じた徳・知・体を伸ばす保育を行い、無限の可能性を引き出します。

徳(心)

  • 登龍館「躾の三原則」「立腰」「漢字絵本」
  • お誕生日会など
  • 絵本読み聞かせ

知(学び)

  • フラッシュカード
  • 名前カード(漢字)
  • ドッツカード(数字)
  • 英語

体(運動)

  • うたって踊るリズム体操
  • お散歩をしたり公園で体を使って元気いっぱいにあそぶ
赤ちゃんとあそび

便利で写真が嬉しい!ICT支援ツール「コドモン」を導入しています。

スマホで簡単、説明書いらず。コドモンの便利機能♪
・連絡帳のやりとり
・欠席や遅刻の受付
・お知らせ・お便り配信
・行事予定閲覧など

コドモン連絡帳やりとりの様子

コドモン連絡帳

お子様の様子が写真と共に毎日届きます。
毎回2・3枚の画像を添付しており、園での様子がよくわかると
とても好評をいただいております。

子育ての負担を最小限に!毎日の準備の軽減を

お家での子育て負担を最小限にするため、できる限りサポートさせて頂ていております。

一般的に必要とされるもののうち以下のものは準備が不要です。
・手洗い用手拭きタオル(衛生的な紙タオルを使っています)
・昼食用の手口拭きタオル(使い捨て手口拭き使用)
・お箸、スプーン、フォークの食事セット
・食事用エプロン(園に預けて頂き、園で洗って使用します)

毎日の手間が少しでも減ると嬉しいですよね♪